南日本造船



お知らせ
 

2021年4月1日

52,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルオイルキャリア 竣工

3月30日(火)、当社大在工場にて52,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルオイルキャリア“NORD MIYAKO”が竣工し、関係者ご出席のもと命名式を執り行い、4月1日(木)同工場より出港致しました。

本船は、4隻シリーズ船の第2隻目で、特殊塗装に依り化学品輸送にも対応した貨物艙となっている他、排ガス洗浄装置「スクラバー」、主機には「EGR」(排ガス再循環)、発電機には「SCR」(選択触媒還元)を搭載し、環境面への配慮や高い燃費性能を兼ね備えた最新鋭のMRタンカー船です。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

52,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルオイルキャリア“NORD MIYAKO”


2021年3月9日

第1回 南日本造船 溶接技術競技会 開催!

2月27日(土)、当社大在工場にて、溶接技術・品質の向上を目的として『第1回 南日本造船 溶接技術競技会』を開催致しました。
競技会には協力工と実習生・造船就労者合わせて14名が出場し、炭酸ガスアーク溶接技術の、日頃の研鑽成果を競い合いました。
開会式では日高副社長より、「普段の作業で培った技量を十分発揮出来るよう頑張って下さい。」と参加者へ激励の言葉があり、参加者は予め決められた順番で競技場に向かい、与えられた競技課題に集中して臨みました。

競技会の様子@

競技会の様子A

後日、厳正なる審査の結果、成績優秀者3名を選出し、3月9日(火)に表彰式を行いました。
初めに表彰状と記念品が授与され、引き続き日高副社長から「溶接は造船業において重要な役割を担っており、一人一人の技量が会社の品質に繋がる。今後は自己の技量向上だけでなく、会社全体の品質向上に向けて後輩の指導にあたって下さい」と労いのコメントがありました。
また、今大会の最優秀賞に選ばれたサロザ ジョパン デラ クルーズさんは、「コンテストに参加出来ただけでなく、高評価を受けたことを大変嬉しく思う。フィリピン人の溶接工として励みになります。」と述べ、喜びを隠せない様子でした。

最優秀賞受賞者 サロザさん

第1回受賞記念

エントリーした参加者にとっては、この競技会を通じて、自己の実力と技術・品質の重要性を再認識し、当社の2021年スローガン『信頼される船造り』を改めて意識する、絶好の機会となりました。

当社は今後も、品質向上活動をさらに強化し、高品質な船造りに取り組んで参ります。


2020年12月3日

大分労働局による年末年始安全パトロール実施

12月3日(木)、当社大在工場にて大分労働局の坂田善廣局長(ら5人)による安全パトロールが実施されました。
このパトロールは、来月15日まで展開される年末年始無災害運動の一環として、労働災害が多発傾向にある年末年始にあわせて毎年実施されているもので、今年は当社が指名されました。
当日は坂田局長の冒頭ご挨拶、当社日高副社長の工場概要説明の後、早速大組定盤、艤装船内、ドック周辺の巡視が行われ、転落などの事故を防ぐ手立てがとられているか等、普段から取り組んでいる安全対策について確認を行って頂きました。
その後の講評では、坂田局長より「困った時、わからないことがあった時に理解出来るまで聞ける会社の雰囲気づくりに取り組んで頂きたい。」というコメントを頂き、日高副社長から、「安全に妥協することなく、これを機会に一層気を引き締めて安全活動と明るい職場づくりに取り組みたい。」と決意表明がありました。

当社は今後も、社員一人ひとりが責任を持って、安全で働きやすい職場作りに取り組んで参ります。

工場概要説明

大組定盤視察

艤装船内視察

ドック周辺視察


2020年11月7日

第1回ファミリーフィッシング大会開催

11月7日(土)、当社大在工場艤装岸壁にて「第1回ファミリーフィッシング大会」を開催しました。
当日は小雨で生憎の天候でしたが、約50名にご参加頂き、親子でご参加された方や日常業務とはまた違った顔で真剣に釣り竿と向き合う姿など、ほのぼのとした雰囲気で時間を過ごす事が出来ました。
チヌやカサゴ、アジがたくさん釣れ、また60pを越えるスズキも釣り上げる方もおり、天気の心配をよそに大賑わいの1日となりました。

当社は今後も、様々なイベントを通じて、より明るい職場作りに取り組んで参ります。

小雨降る中の開会式

外国人実習生も参加

たくさんの釣果

大物釣り上げ賞獲得!

ご参加ありがとうございました!


2020年10月28日

51,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルオイルキャリア 竣工

10月28日(水)、秋晴れの下、当社大在工場にて、51,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルオイルキャリア“NORD MINAMI”が竣工し、多数の関係者のご出席のもと命名受渡式が執り行われました。

本船は、当社として初めて、排ガス洗浄装置の「スクラバー」、主機には「EGR」(排ガス再循環)、発電機には「SCR」(選択触媒還元)を搭載し、環境面と高い燃費性能を兼ね備えた最新鋭のMRタンカー船です。これら機器には、酸性雨や大気汚染の原因となる窒素酸化物(NOx)と硫黄酸化物(SOx)を排ガスから除去する機能が備え付けられています。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

51,000載貨重量トン型プロダクト/オイルキャリア“NORD MINAMI”


2020年10月9日

37,800載貨重量トン型ばら積み運搬船 竣工

10月9日(金)、当社大在工場にて、37,800載貨重量トン型ばら積み運搬船“SSI PROVIDENCE”が竣工し、台風14号の影響を考慮して、別府市内ホテルにて命名受渡式を執り行いました。

本船は今治造船グループにて145隻目の"IS" BARI-STAR(通称:バリスター)となります。

本船は、海外の船主殿向けに建造され、受渡後は日本製鉄葛繽B製鉄所大分地区で初荷役を行い、インドネシアへ運ぶ予定です。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

37,800載貨重量トン型ばら積み運搬船“SSI PROVIDENCE”


2020年9月19日

「秋の海ごみゼロウィーク」全国一斉清掃活動へ参加

9月18日(金)・19日(土)、当社は日本財団主催の「海ごみゼロウィーク・全国一斉清掃活動」に参加致しました。

18日は大在工場所属の社員及び構内に勤務する協力会社社員約300名で大在工場内を、19日は本社業務部及び設計部、また各協力会社代表1名が集まり工場付近の通勤路の清掃を実施致しました。

18日は生憎の雨天でしたが、19日は一転好天に恵まれ、それぞれ30分程度の時間で、合計100袋程度のゴミを回収しました。毎日働く構内や通り慣れている道も、清掃活動の時間を設けたことで、普段は意識しないゴミを認識することができ、またゴミの多さにも改めて気付かされる機会となりました。
参加者からは、「これまで気付かなかったゴミを1人1日1つずつでも拾うことで、快適な職場や街並みが繋がることを実感出来た」という声がありました。

当社は今後も、環境にやさしい船の開発・建造のみならず、このような環境美化活動にも積極的に参加して、綺麗な海の保全に貢献して参ります。

作業風景

活動シンボル”青いアイテム”のタオルを身に着けて集合写真


2020年8月7日

37,800載貨重量トン型ばら積み運搬船 竣工

8月7日(金)、当社大在工場にて、37,800載貨重量トン型ばら積み運搬船“SSI ENDEAVOUR”が
竣工いたしました。

本船は今治造船グループにて100隻を超える建造実績をもつ"IS" BARI-STAR(通称:バリスター)
シリーズで、当社建造では第6隻目となり、海外の船主殿向けに建造されました。
多種多様な貨物の積載に対応出来る仕様となっており、竣工後は、韓国・釜山で補油し、積荷の為に
北米に向かうとの事です。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

37,800載貨重量トン型ばら積み運搬船” SSI ENDEAVOUR”


2020年7月23日

下ノ江地区 海岸清掃活動に参加

7月23日(木・祝)、当社は臼杵市にある下ノ江事業部付近の海岸・車道の清掃・除草作業を
実施致しました。大在・下ノ江・大分 各拠点から社員とその家族、また外国人実習生と造船
就労者、合わせて約60名が参加致しました。
当日は天候が心配されましたが、2時間余りの作業で、50袋程度のゴミを回収することが
出来ました。

想像以上の量の投棄ゴミや廃プラスチックが次々と見つかり、普段通勤等で通り慣れた道では
ありますが、清掃活動を通じ、身近で起きている環境問題について改めて気付かされる機会と
なりました。
今回、子どもたちがゴミを拾う姿を見て、参加者からは「彼らの未来に綺麗な海を残していく
ことも、海の仕事に携わる大人の義務ではないか」という声もありました。

当社は今後も、環境にやさしい船の開発・建造のみならず、このような地域活動も通して、
美しい海の保全に貢献して参ります。

海岸清掃の作業風景

子どもたちも一緒にハイチーズ!

下ノ江事業部ロータリーもスッキリ!


2020年5月27日

37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船 竣工

5月27日(水)、晴れ渡る青空のもと、37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船“OCEAN CROWN”が竣工し、
本船ブリッジウイング上にて命名受渡式を執り行いました。
本船は、当社大在工場にて建造した、"IS" BARI-STAR(通称:バリスター)シリーズで
今治造船西条工場にて最終の仕上げ工事を行いました。
就航後は、中国にて最初の貨物を積み、カナダへ向けて輸送されるとの事です。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船“OCEAN CROWN”


2020年3月30日

37,500載貨重量トン型ばら積み運搬船 竣工

3月30日(月)、当社大在工場にて、37,500載貨重量トン型撒積運搬船“ARISTON BULKER”
が竣工し、多数の関係者のご出席のもと命名受渡式が執り行われました。
本船は、国内の船主殿向けに建造され、海外の用船者殿のもと、鉱物などを中国で積み込み、
スエズ運河を通過し、欧州へ向かう予定です。

撒積運搬船は、穀物や鉄製品などを、本船のデッキクレーンを使ってHOLDと呼ばれる船倉に
積み込み、輸送するよう設計されています。加えて、本船ではスタンションを甲板上に
装備しており、木材も同時に運搬できる仕様としています。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

37,500載貨重量トン型ばら積み運搬船”ARISTON BULKER”


2020年3月26日

50,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルタンカー 竣工

3月26日(木)、当社大在工場にて建造し、今治造船西条工場にて最終の仕上工事を行った
50,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルタンカー“YUFU CROWN”が竣工、本船上にて
命名受渡式を執り行いました。

本船は、特殊塗装により化学品輸送にも対応した貨物艙となっている他、独立ポンプ方式を採用し、
同時に7系統の貨物荷役を可能とした最新鋭のMRタンカーで、環境面への配慮や高い燃費性能
において、国内及び海外のお客様からも高い評価を頂いております。
また新しい騒音規制にも適合し、居室全室にシャワー&トイレを備えるなど快適な船内居住環境を
備えるなど乗組員の生活空間にもこだわっています。
本船は就航後、東南アジアで積荷を行い、欧州方面への向かうとの事です。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

50,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルタンカー“YUFU CROWN”


2020年3月16日

50,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルタンカー 竣工

3月16日(月)、当社大在工場にて、50,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルタンカー
“MORNING SPARROW”が竣工し、多数の関係者のご出席のもと命名受渡式が
執り行われました。

本船は、独立ポンプ方式を採用した最新鋭のMRタンカーで、貨物槽内は特殊塗装により
化学製品輸送に耐えうる仕様となっており、また同時に7系統の貨物荷役を可能とする
たいへん高仕様の船となっています。
また、液体貨物の流出防止を目的とした二重船殻構造の採用のみならず、燃費性能を重視した
船体形状や各種省エネ機器の装備に加え、水生生物生態系の保護のためのバラスト水処理装置を
搭載するなど、環境面と高い燃費性能において、国内及び海外のお客様からも
高い評価を得ている最新鋭船です。新しい騒音規制にも適合し、居室全室にシャワー&トイレを
備えるなど快適な船内居住環境を備えているのも特徴の一つです。
当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

50,000載貨重量トン型プロダクト/ケミカルタンカー“MORNING SPARROW”


2020年3月6日

下ノ江事業部 連続無災害2000日達成表彰・植樹式

2月27日(木)、当社下ノ江事業部にて、休業災害発生ゼロの無災害記録2000日を記念して
表彰及び記念樹の植樹式を行いました。この記録は2014年7月3日からスタートし、
2019年12月25日付で2,000日を記録、約5年半の間休業災害の無い、安全な職場であることを
証明するものとなりました。
式には社員と協力会社責任者約30名が出席、当日は朝からあいにくの雨模様でしたが、
参加者の思いが届いたのか式の開始前には雨も止み、寒さの中にも時折日差しが
心地よく感じられました。
初めに日高副社長から代表者に表彰状と記念品が贈られました。
その後、今回植樹を行った「ハナモモ」について、司会者より「モモ」は災いを除き
福を招く伝えがあることが説明されました。続いて、日高副社長と寺尾事業部長により
木の根元に土を盛り、協力会社代表者が一人ずつ土に水を与えました。
その後、日高副社長より下ノ江事業部の日々の努力に対し感謝と敬意を表され、
「2000日の間災害が一切起きていないことは大変立派なこと。この記録を塗り替えられるよう
さらに3000日、4000日を目指してもらいたい」と激励の言葉があり、最後に寺尾事業部長が
「今の気持ちを緩めることなく事業部一丸となってリスク低減に向けた取り組みを
さらに強化します」と決意を述べました。
当社は今後も災害の無い操業を目指し、安全衛生活動をさらに強化し、
安心・安全・快適な職場づくりに取り組んで参ります。

表彰状授与

代表者によるハナモモの植樹

さらなる無災害に向け掛け声と共に集合写真


2020年3月4日

37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船 竣工

3月4日(水)、当社大在工場にて、37,600載貨重量トン型撒積運搬船“OCEAN UNIVERSE”が
竣工し、多数の関係者のご出席のもと命名受渡式が執り行われました。
本船は今治造船グループにて100隻を超える建造実績をもつ"IS" BARI-STAR(通称:バリスター)
シリーズで、国内の船主殿、用船者殿向けに建造された船となります。
本船型は木材積みを含む多種多様な貨物の積載に対応出来る仕様となっており、
就航後は国内の荷主殿向けを中心に、鋼材や肥料などの輸送に従事されるとの事です。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船“OCEAN UNIVERSE”


2020年2月7日

セブン自販機 大在工場に導入

2月7日(金)、当社大在工場に、コンビニエンスストア/セブンイレブンの 自動販売機
「セブン自販機」を設置、販売開始致しました。

自販機は、構内従事者や従業員の昼食や昼食時の「もう一品」や定時後の食事などに活用する
ことを目的として、協力会社食堂に設置いたしました。
商品は工場にほど近い店舗から搬入され、利用者アンケートや売れ行きをモニタリングして、
日々商品を入れ替えて販売しており、「セブン自販機」の設置は大分市内では当社が初とのことです。

各種お弁当・パンやサンドイッチ・カップ麺・サラダ・デザート類なども取り揃えており、
電子マネー(nanaco)にも対応、毎日の休憩時間にはたくさんの方が利用されています。

当社は今後も、より働きやすい職場を目指し、新しい取り組みにもチャレンジして参ります。

「セブン自販機」導入

昼休みの様子


2020年1月29日

37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船 竣工

1月29日(水)、当社大在工場にて、37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船“NORD ABIDJAN”が
竣工いたしました。

本船は今治造船グループにて100隻を超える建造実績をもつ"IS" BARI-STAR(通称:バリスター)
シリーズで、S-M771番船「BAMBOO STAR」に続き、当社で建造される第2隻目となります。
本船型は鋼材や穀物など多種多様な貨物の積載に対応し、国内及び海外のお客様からも
高い評価を得ており、高い燃費性能を維持しながら安全な貨物輸送に貢献しております。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船”NORD ABIDJAN”


2019年12月06日

37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船 竣工

12月6日(金)、当社大在工場にて、37,600載貨重量トン型撒積運搬船“BAMBOO STAR”が
竣工いたしました。

10月16日には、同工場にて多数の関係者のご出席のもと命名式を執り行いました。
本船は今治造船グループにて100隻を超える建造実績をもつ"IS" BARI-STAR(通称:バリスター)
シリーズの、当社で建造される第1隻目となります。
本船型は鋼材や木材など多種多様な貨物に対応し、国内及び海外のお客様からも高い評価を得ており、高い燃費性能を維持しながら安全な貨物輸送に貢献しております。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

37,600載貨重量トン型ばら積み運搬船”BAMBOO STAR”


2019年08月20日

”BELUGA ACE” シップ・オブ・ザ・イヤー2018受賞

当社にて2018年3月に竣工致しました、6,800台積み自動車運搬船”BELUGA ACE”が先日、
シップ・オブ・ザ・イヤー2018の大賞を受賞致しました。
8月20日(火)、本船を運航する株式会社商船三井殿より、代表取締役副社長高橋静夫様、
専務執行役員川越美一様がご来社され、本船を開発・建造した当社に対し感謝状と
記念の盾(レプリカ)を授与頂きました。

本船は従来の自動車船から、6層のリフタブルデッキやバルクヘッドレス構造の採用により
荷役効率を向上させ、船首尾形状の見直しや様々な省エネ技術の採用により
環境にやさしい船となっている事、またAR・通信技術を用いた航行支援・現場支援システム
に加え、斬新な外観デザインなども高く評価されました。

高橋副社長様からは、建造中の様々な苦労への労いと共に、今回の受賞に関して、
当社の日々の研鑽と努力に対し感謝と敬意のお言葉を頂戴致しました。当社檜垣社長からは、
この受賞に恥じぬよう、今後も真摯に船造りを続けて参りたいと謝辞を述べました。

様々な最新仕様・最新技術が織り込まれた本船の開発・建造には、関係者の並々ならぬ苦労と
努力がありましたが、こうしてお客様より評価と感謝のお言葉を頂き、建造に携わった
メンバーにとり感慨深い時間となりました。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

6,800台積み自動車運搬船”BELUGA ACE”

社員らと集合写真

感謝状の贈呈



2019年06月01日

「海ごみゼロウィーク」地元の海岸清掃に参加

6月1日(土)、当社は日本財団主催の「海ごみゼロウィーク・全国一斉清掃活動」に参加致しました。

当日は大在・下ノ江・大分 3工場から社員とその家族、34名が集まり、臼杵市にある下ノ江工場付近の海岸・車道の清掃を実施致しました。

当日は好天に恵まれ、1時間余りの時間で、70〜80袋程度のゴミを回収することが出来ました。
普段から通勤や工場間移動で通り慣れている道ではありますが、海岸や車道沿いには、投棄ゴミや漂流物が次から次へと見つかり、予定していた時間では足りない位のゴミがある事に大変驚きました。
また、参加者一同、近年問題になっているプラスチックゴミの多さにも改めて気付かされる機会となりました。

清掃活動をしなくても、自然の綺麗な状態であることが理想ですが、参加者からは「このような活動への参加をきっかけに、普段気付けないところに気付けるような人が増えて欲しい」という声もありました。

当社は今後も、環境にやさしい船の開発・建造のみならず、このような地域活動も通して、きれいな海の保全に貢献して参ります。

作業風景

真剣に清掃に取り組む参加者

海ごみゼロウィークのシンボル”青いアイテム”を身に着けて集合写真



2019年05月15日

最新鋭 11,700総トン型RORO船 竣工

5月15日(水)、当社大在工場にて、最新鋭の11,700総トン型RORO船“すおう”が竣工し、
命名受渡式が執り行われました。

本船は2月末に竣工した“ぶぜん”の姉妹船として、就航後は関東・九州間の物流における
モーダルシフト推進やドライバー不足の受け皿として活躍致します。
本船は従来船型からの大型化により車両積載能力を増強し、さらに船体動揺を減じる装置として
アンチローリングタンクを搭載しております。また船体形状の最適化や各種省エネ装置の
採用により省エネと高速化を実現し、より環境と荷物にやさしい船となっております。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

11,700総トン型RORO船“すおう”

11,700総トン型RORO船“すおう”



2019年03月25日

6,800台積自動車運搬船 竣工

3月25日(月)、当社大在工場にて、最新鋭の6,800台積み自動車運搬船“DUGONG ACE”が
竣工いたしました。
本船は株式会社商船三井殿が運航する次世代型自動車船「FLEXIEシリーズ」の第4隻目です。

本船は従来船型と同等サイズながら、上下に稼動するリフタブルデッキを従来の2層から
6層に増やすなど機能性を刷新したほか、船体形状の最適化や各主省エネ装置の採用に
加えて、船首部を風圧抵抗の少ない形状に改善することで、CO2削減効果を高めるなど、
より環境に優しい船となっております。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

6,800台積み自動車運搬船“DUGONG ACE”

6,800台積み自動車運搬船“DUGONG ACE”



2019年02月27日

最新鋭 11,700総トン型RORO船 竣工

2月27日(水)、当社大在工場にて、最新鋭の11,700総トン型RORO船“ぶぜん”が竣工し、
命名受渡式が執り行われました。

本船は従来船型からの大型化により車両積載能力を増強し、さらに船体動揺を減じる装置として
アンチローリングタンクを搭載しております。また船体形状の最適化や各種省エネ装置の
採用により省エネと高速化を実現し、より環境と荷物にやさしい船となっております。
就航後は関東・九州間のモーダルシフト推進の一翼を担います。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

11,700総トン型RORO船“ぶぜん”

11,700総トン型RORO船“ぶぜん”



2018年11月07日

6,800台積自動車運搬船 竣工

11月7日(水)、当社大在工場にて、最新鋭の6,800台積み自動車運搬船“WALRUS ACE”が
竣工いたしました。
竣工に先立ち、11月2日には、同工場にて多数の関係者のご出席の下命名式を執り行いました。
本船は株式会社商船三井殿が運航する次世代型自動車船「FLEXIEシリーズ」の第3隻目で、
この「FLEXIEシリーズ」が公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、
グッドデザイン賞2018を受賞され、本船の竣工にも花を添えて頂きました。

本船は従来船型と同等サイズながら、上下に稼動するリフタブルデッキを従来の2層から
6層に増やすなど機能性を刷新したほか、船体形状の最適化や各主省エネ装置の採用に
加えて、船首部を風圧抵抗の少ない形状に改善することで、CO2削減効果を高めるなど、
より環境に優しい船となっております。

当社は今後も、荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

6,800台積み自動車運搬船”WALRUS ACE”

6,800台積み自動車運搬船”WALRUS ACE”



2018年7月19日

新生 南日本造船 第1隻目が竣工

7月19日(木)、当社大在工場にて、株式会社商船三井殿向け最新鋭の6,800台積み
自動車運搬船“ORCA ACE”が竣工いたしました。

本船は全長199.9m、全幅32.2mで従来の自動車船と同等サイズながら、上下に稼動する
リフタブルデッキを従来の2層から6層に増やすなど機能性を大幅に刷新しました。
また、船体形状の最適化や各種省エネ装置の採用に加えて、船首部を風圧抵抗が軽減される
形状に改善することで、CO2削減効果を高め、より環境にやさしい船となっております。

本船は株式会社南日本造船としての第1隻目となります。
今後も荷主殿、船主殿にご満足頂けるよう、よりよい船造りに、精進して参ります。

第1隻目が竣工

6,800台積み自動車運搬船”ORCA ACE”



2018年3月30日

株式会社 南日本造船

南日本造船株式会社の事業承継について


株式会社南日本造船及び南日本造船株式会社は、平成30年3月30日開催の臨時株主総会において、同年4月1日を効力発生日として、南日本造船株式会社の全事業を株式会社南日本造船が承継することについて決定をいたしましたので、お知らせいたします。

なお、上記決定に伴い、株式会社南日本造船は、今治造船株式会社(愛媛県今治市)のグループ企業である株式会社新笠戸ドック(山口県下松市)を親会社として、事業運営をしていくことについても併せてお知らせいたします。

皆様のご期待に沿えるよう、邁進してまいりますので、これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。